ぐっすり眠れる!正しい枕を選ぶ3つのポイントを解説します

ぐっすり眠れる!正しい枕を選ぶ3つのポイントを解説します

枕は合う合わないが大きく、人によっては枕を選ばずに眠れますが、多くの人は枕が変わると違和感を覚えて眠りが浅くなります。

深くぐっすりと眠ることができて、朝快適な目覚めが実現する枕が欲しいなら、3つのポイントを押さえた選び方が重要となります。

正しい枕の選び方のポイントの1つは高さで、首のカーブと頭の大きさに合わせて、沈み込み過ぎたり前傾し過ぎない高さを選択することが大事です。

どちらも首に負担が掛かり、肩が凝ったり頭が痛くなる原因になるので、しっかりと確認して選ぶことをおすすめします。

当然ですが、仰向けだけでなく横向きになった場合の高さの確認も不可欠です。

もう1つのポイントはクッション性で、頭を乗せた時に重さでどれくらい沈み込むか、反発するかというのが正しい枕選びにおいて肝心です。

固めの枕は殆ど沈み込みませんが、ウレタンフォームのように変形する素材だと、実際に頭を乗せてみないと高さの変化が分からないので、やはりお店に足を運んで確認するのが望ましいです。

最後のポイントは通気性で、夏用だと汗で蒸れないか、冬用は逆に保温性が保たれるかどうかが大切です。

冬に適しているウレタンフォームの枕は、夏になると通気性が不足して蒸れますから、夏冬で異なる枕を使い分けた方がいいでしょう。

夏におすすめなのはいわゆるパイプ枕で、通気性に関しては申し分ないです。

人気記事ランキング

  1. 家具を探すならアルモニア丸の内!寝室に置きたいアイテムが揃っています
  2. 掛け布団と枕はセットで!お得に買える売れ筋商品TOP4はコレ!
  3. ベッドの読書におすすめ!目に優しいスタンドライトBEST4
  4. 布団の洗う頻度は?お手入れが楽になるコツもお教えします
  5. 気分はお姫様♪ベッドカーテンのおすすめランキングBEST4!
  6. モダン風の寝室を作るインテリアのコツを解説します《おしゃれな寝室》
  7. 親子で眠るベッドのサイズはどれくらいがちょうどいいのか調べてみた!
  8. ぐっすり眠れる!正しい枕を選ぶ3つのポイントを解説します
  9. ベッドと布団ならどっち?メリット・デメリットを比較してみた
  10. サイドテーブル|ベッド横に置きたい小さめサイズの商品3選
PAGE TOP